ステータス画面の設計!(仮)

とっても重要なゲームの値を設定しています。数値は適当です。
ステータスの仕様など、一度決定した仕様を変更するのはかなりの労力がいるので慎重に!

なお、このスクリーンショットは実際のゲームとは異なるのでご了承ください。


大体見ればなんとなくわかるデザインにしました!
アイテムを集めて強化する、そんなゲームになります。

お知らせ

今年のお正月ゲームは制作しておりません。
楽しみにしていた方には申し訳ありませんが、RPGの方に集中します。


RPG制作の方は、紙の上でシミュレートしているのでまだまだ画像としてお見せすることは難しいです。
前の画像でお見せした戦闘システムも、すでに一部破棄しているもようです。

戦闘画面を開発中です!

書籍を読み直して色々と構成しています!
戦闘システムは追々話していきますが、魔物娘の個性が出るようにしていきたいですね。
根幹の部分はとっても大事なので、じっくり考えながら作っていきます。

地味な娘はかわいいが地味な作業は可愛くない

60000ぐらいのデータから1個の要素をどれくらいの速度で抜き取れるかを永遠に検証していました。
ここで少しでも遅延があるとゲームが恐ろしいことになってしまうのでコアの部分の検証はとても大事です。

そしてゲームシステムもなんとか完成してきましたので、それに沿ってもうそろそろ肉付けしていきたいですね!1!1!

色々犠牲にしてロード時間が400倍くらいになったぞ!

一週間頑張ってゲームのデータベースのロード時間がすごく早くなりました!
なんと色々犠牲にして400倍です!
プログラマーとしてはなかなか……あれなプログラムで書いてしまったのですがプレイヤーのストレス緩和の方を優先しました!

……これ以上書くことがないのでコボルドちゃんをおいておきますね!

すこしちがうところ

よくよく見ると何かが足りないように見えませんか?

よくよく見ると何かが足りないように見えませんか?

そうです!未婚個体なんです!
詳しくは書籍を参照してね!

色々な事情で登場する魔物娘は未婚個体です!
いろいろな事情は……事情があるんです!
ゲームで明らかに……なればいいですね!